山科区・伏見区・大津市の不動産・建築専門店

【京都】不動産売却における仲介・買取の違いって?一戸建ての売却期間や確認事項

【京都】不動産売却の仲介と買取の違いを知ろう!

京都で不動産売却・仲介・査定をお考えなら、ぜひ京滋不動産リアルティへご相談ください。査定は無料で、一戸建てや土地、空き家などの不動産売買をサポートいたします。京滋不動産リアルティは、京都の山科区・伏見区、滋賀県大津市の湖西線エリアの新築物件に特化した不動産会社です。エリアを限定している地域密着型の地元企業の強みを活かし、より詳細な情報提供、ご提案をいたします。また、LINE@(ラインアット)を導入しているため、疑問点や不明点もすぐにお問い合わせいただけます。

京都で一戸建てなどの不動産を売却する方法は、不動産会社に買主を見つけてもらう仲介だけではありません。仲介以外にも、不動産会社に直接買い取ってもらう「買取」という方法もあります。この記事では不動産売却をお考えの方へ、仲介と買取の違いや、一戸建ての売却にかかる期間と確認事項についてご紹介します。

マンションや一戸建てなど、不動産の種類問わず、不動産売買を行う機会はそうそうありません。どのような手順で進めていくのかご不安に思う方も多いかと思います。当社は代表をはじめとして、業界経験豊富なスタッフが在籍しております。一戸建てや土地の仲介、査定から売却まで、お客様の不動産売却を親切丁寧にトータルでサポートいたしますので安心してご相談・ご依頼ください。

不動産仲介と買取との違いは?

京都で不動産売却するには、仲介と買取の2種類の方法があります。まずは、仲介と買取の違いと、それぞれのメリットや注意点をご紹介しますので、不動産売却の方法にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

不動産売却における仲介・買取の違い

不動産売却における仲介・買取の違い

不動産売却の仲介と買取は、買主・売却スピード・売却価格にそれぞれ違いがあります。

買主の違い

仲介と買取の大きな違いが、不動産を購入する買主が誰になるかです。仲介では、不動産会社がインターネットや住宅情報誌などに広告を出して宣伝し、東京や京都などの不動産のある地域だけではなく、全国から広く購入希望者を募集します。それに対して買取は、契約した不動産会社がそのまま買主となります。

売却スピードの違い

不動産を売却する理由は人それぞれですが、多くの人に共通していることが、早く売却したいということです。仲介では買主を探すところから始まるため、不動産売却するまでには早くて2~3カ月、長くて1年以上もの時間がかかります。売却に時間がかかる仲介に対して、買取は不動産会社が提示する査定価格に納得できれば、即売却することができるため、不動産売却のスピードにも大きな違いがあります。

売却価格の違い

売却スピード以上に気にする方が多いのが売却価格です。買取では、不動産の買取後に不動産会社がリフォームやリノベーションを行い、付加価値をつけて再販することが一般的です。そのため、それらにかかる費用を差し引いた価格で買取されるため、仲介よりも売却価格が低くなってしまいます。

上記のように、仲介と買取にはそれぞれ異なる特徴があるため、「相続税の納付期限が迫っているので急いで売却したい」「住宅ローン残債以上で売却したい」などのゆずれない条件を考慮して、仲介と買取の最適な方を選びましょう。

不動産仲介・買取、それぞれのメリット・注意点とは

仲介・買取、それぞれのメリット・注意点とは

仲介か買取かを選ぶ際には、それぞれのメリットと注意点も参考にしましょう。

仲介のメリット

仲介の最もいい点が、買取よりも売却価格が高くなる可能性があることです。住宅ローンが残っている場合でも、住宅ローン残債を上回る価格を設定するなど、売り出し価格を自由に決めることができます。ただし、あまりに相場とかけ離れている売り出し価格では、購入希望者が見つかりにくくなるので、注意が必要です。

仲介の注意点

仲介では、購入希望者の募集や買主のローン審査などに時間を要するので、不動産売却が完了するまでに数カ月かかってしまいます。さらに、タイミングや売り出し価格によっては、売却するまでに1年以上もの時間を要することもあるので、転勤などで急いで不動産を手放したい方には不向きです。

買取のメリット

買取の最大のいい点が、不動産を手放したいと思った際に、すぐに売却できることです。購入希望者の募集や内覧の対応など、面倒なことが一切必要なく、不動産会社の査定価格に納得できればすぐに売却可能です。買取は、最短で2週間程度でも現金化できることが大きな魅力です。

また、近所の人や知人に知られることなく不動産売却できることもメリットといえます。仲介ではインターネットや住宅情報誌などに広告を出して宣伝するので、不動産売却することを隠せない恐れがあります。しかし、買取では広告を使って宣伝しないため、知られることがありません。

買取の注意点

不動産に付加価値をつけて再販することを目的とした買取では、かかる費用を差し引くため、どうしても相場よりも安くなってしまいます。買取の場合の売却価格は、相場の7~8割ほどとなっているので、ローン残債がある場合には注意が必要です。

不動産の仲介・買取には、それぞれ異なるいい点があります。しかし注意点もあるので、売却したい不動産の状態や自分の希望などを考慮して、最適な方法を選びましょう。

京都で不動産売却のご相談なら、京滋不動産リアルティへお問い合わせください。京滋不動産リアルティは、京都の山科区・伏見区の不動産、滋賀県の大津市湖西エリアの新築物件に特化した不動産会社です。

京滋不動産リアルティは着工棟数№1の地元企業や大手分譲会社といった滋賀県トップクラスの大手優良企業と提携しております。滋賀県内の豊富なネットワークを活かして、京都エリアの物件を高いお値段で滋賀県の企業に買い取って頂く事が可能です。「相続税の納付期限が迫っているので急いで売却したい」・「住宅ローン残債以上で売却したい」などの悩みをお聞かせください。

一戸建てを売却するための期間と確認事項

京都の山科区や伏見区で一戸建てや土地といった不動産仲介はもちろん、家を購入したいという方なども、お気軽に京滋不動産リアルティにご相談ください。京都で一戸建てを売却するには、いったいどれぐらいの期間がかかるのか、気になる方も多いかと思います。ここでは、一戸建ての不動産売却を考えの方にぜひ参考にしていただきたい、売却までにかかる期間と、売却前に確認しておきたい事項についてご紹介します。

不動産売却までにかかる期間

不動産売却までにかかる期間

京都に限らず全国で一戸建てなどを売却するには、様々な手続きが必要となります。不動産売却の流れと合わせて、必要な期間をご紹介します。

仲介の場合

仲介には様々な手続きが必要となるので、不動産売却が完了するまでに、6~9カ月ほどかかることが一般的です。

・準備:不動産売却の査定を依頼して不動産会社を決定したり、相場を調べたりする準備に1~3週間ほどかかります。

・売却活動:仲介を依頼する不動産会社と媒介契約を締結し、不動産の売り出しを開始します。購入希望者が見つかるまでに、1~3カ月ほどの期間が必要となります。

・売買契約:購入希望者と価格や引き渡し時期などの条件の交渉を行い、売買契約を締結するまでに1~2週間ほどかかります。

・決済:売買契約を締結後、買主の住宅ローン審査などがあるため、決済するまでに1カ月ほどの期間が必要です。

・引き渡し:決済が完了し、引き渡しまでに1~2週間かかります。

買取の場合

不動産会社が買主となる買取では、仲介の多くの手間を省くことができるので、早ければ2週間ほどで、一般的に1カ月ほどで不動産売却が完了します。

・準備:仲介と同じく、査定を依頼して不動産会社を決定したり、相場を調べたりする準備を行います。

・売買契約:不動産会社の査定価格に納得できたら、条件などを交渉し、売買契約を締結します。このときに、売却代金の一部である手付金を受け取ります。

・決済:売却金額の残りを決済し、不動産を不動産会社に引き渡します。

不動産売却前に確認しておきたい事項

不動産売却前に確認しておきたい事項

京都で不動産売却をスムーズに進めるためには、不動産の状態や売買に必要な書類など、事前に確認しておきたいことがたくさんあります。

建物や土地の状態を把握する

不動産を売却する際には、設備の故障などの不具合や、雨漏りやシロアリ被害などで修繕が必要な箇所があるかどうかを、不動産会社に申告する必要があります。申告せずに売却し、後から発覚した場合は、売主は契約不適合責任を負わなければなりません。最悪の場合契約解除を求められる可能性もあります。

また、一戸建てや土地の場合、隣家との境界線が明確になっているかも確認しましょう。京都などの古い街並みが残る都市では、代々続く一戸建てや土地で測量したことがないという場合も多いので、不動産売却前に測量を行って境界線を明確にしなければなりません。

査定や売買に必要な書類が揃っているか確認する

・本人確認書類:本人が確認できる、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの身分証明書が必要です。

・登記済権利証または登記識別情報:売却したい不動産の所有者であることを証明するためには、一般的に「権利証」と呼ばれている登記済権利証や、登記識別情報が必要です。

・登記簿謄本または登記事項証明書:登記事項の内容について証明するための書類です。

・固定資産税納税通知書または固定資産税評価証明書:固定資産税を確認するために必要な書類です。

・建築確認済証と検査済証:不動産売却したい一戸建てが、建築基準法に則って建築されたことを証明するための書類です。

・建物の図面:間取りは、建物の図面で確認することができます。

・土地測量図と境界確認書:土地の面積や形状、隣家との境界を確認するために必要なのが、土地測量図と境界確認書です。

不動産会社の特徴を把握する

不動産売却を依頼する不動産会社が、売主にプラスになる提案をしてくれるのかどうかもしっかりと確認しましょう。例えば、工務店機能を保持している不動産会社であれば、リフォームをセットにした、中古物件の売買の提案をしてもらえます。ほかにも、築年数の古い戸建てでは、古家を解体して新築土地として売却する提案などもしてもらえるので、不動産売却の幅が広がります。

また、アクセスのよさも重要です。仲介で不動産を売却する際には、不動産会社と様々なやり取りを行います。電車はもちろん、車でのアクセスがいい不動産会社なら、通勤の途中でも気軽に立ち寄ることができるのでおすすめです。

そして、不動産会社のスタッフも、不動産売却に大きな影響を与えます。いつでも対応してもらえるように、不動産会社に経験豊富なスタッフが揃っているかどうかも、ホームページや店頭で確認しましょう。

京都で不動産売却をお考えなら京滋不動産リアルティ

一戸建てを売却する際、仲介か買取かで悩んだら、まずは不動産会社に相談しましょう。実績が豊富な不動産会社なら、不動産売却をスムーズに進めることができます。

京都の京滋不動産リアルティでは、不動産売買のサポートをしております。京滋不動産リアルティは京都山科区・伏見区に特化して売却相談の対応を行うのでスピーディーな対応が可能です。また、不動産購入に関しましても、京都山科区・伏見区・大津市湖西エリアの新築物件の情報を豊富に取り揃えており、大変好評を頂いています。特に湖西エリアの新築住宅は京都へのアクセスも良く、庭付き、駐車場2台分付きが仲介手数料不要で購入できる魅力的な物件を多数そろえております。

経験豊富なスタッフが全力でサポートいたしますので、京都で一戸建てや土地などの不動産売却にお悩みの方は、ぜひお問い合わせください。

不動産売却に関するよくあるご質問
  • 売る前に準備するものはありますか?

    売却相談は、あらかじめ所有不動産の詳細がわかるものを準備しておくと、相談がスムーズに進みます。

    • 登記済証(権利証)または登記識別情報(担当者が、所有不動産の面積や名義人を確認するために必要です。)
    • 分譲時のパンフレット
    • 土地の測量図面や建物の図面など
  • 売出価格はどうやって決めるのですか?

    「査定価格」を参考にして、お客さまが決めるケースが一般的です。お客さまから担当者へ売却プランをお伝えいただき、最終的に決定します。「希望価格」と「査定価格」に差がある場合は、担当者と十分に打ち合わせてください。

  • 査定はどうやって行うのですか?

    査定には大きく分けて簡易査定と訪問査定があります。
    まずは相場の把握からというお客さまには『簡易査定』をおすすめいたします。周辺の成約事例等からおおよその査定額を概算でお伝えいたします。また、具体的にご売却をお考えのお客さまには『訪問査定』をおすすめいたします。
    ご所有不動産の個別要因を調査・考慮したうえでの査定額となりますので、より実勢に近いものとなります。

京都で不動産売却をお考えなら京滋不動産リアルティ

会社名 株式会社京滋不動産リアルティ
資本金 550万円
代表者 末川 和樹
住所 〒607-8142 京都府京都市山科区東野中井ノ上町1-21
交通 地下鉄東西線東野駅 徒歩3分、JR琵琶湖線山科駅 徒歩14分
電話 075-594-8228
FAX 075-594-8229
フリーダイヤル 0120-07-8228
営業時間 9:30~18:30
定休日 水曜日・第2、第4火曜日
メールアドレス info@keijirealty.com
社員数 4名、パート2名
設立 / 開業 2021年1月28日 / 2021年4月20日
業種 不動産売買業・リフォーム事業・買取再販事業・保険代理店業
加盟団体 (公社)全日本不動産協会会員、京都商工会議所会員